HOME > 会社概要 > 会社沿革

会社沿革

1976年(昭和51年) 新潟県刈羽郡西山町大字鎌田(現在の柏崎市西山町鎌田)にあった新潟養鶏センター鎌田農場を買収し鎌田養鶏株式会社を設立
1994年(平成6年) 肥料工場で使用する重油の安定確保を目的に、産業廃棄物収集運搬業(廃油)及び処分業(廃油の焼却処理)の許可(新潟県)を取得
1999年(平成11年) 資源リサイクル推進のため、廃油の処分方法を油水分離に変更(焼却処理の廃止)
2004年(平成16年) 資源リサイクル推進のため、汚泥(食品汚泥に限る)、動植物性残さ、動物のふん尿の処分業(乾燥処理)の許可を取得
2006年(平成18年) 肥料工場を増設
2007年(平成19年) 養生卵とスイーツの直売所「たまご畑」を新潟県刈羽郡刈羽村大字刈羽4273-3に開設
2010年(平成22年) 従来の鶏舎の一部を解体し、アニマルウェルフェア対応のユーロベントEUケージシステムを導入した新鶏舎の建設に着手
2011年(平成23年) 新鶏舎(1~5号舎)竣工
2012年(平成24年) 養生卵とスイーツ販売店「エッグガーデン」を新潟県上越市五智国分281番地(京丸ビル103)に開設
養生卵とスイーツの直売所「たまご畑」を一部改装し、菓子製造施設を開設(菓子製造業の許可を取得)
2014年(平成26年) 鶏卵出荷施設(GPセンター)を開設
2015年(平成27年) たい肥センター開設(新潟県農林水産業総合振興事業を利用)
2017年(平成29年) たい肥センター増設
2018年(平成30年) 新鶏舎(6、7号舎)竣工。全鶏舎がアニマルウェルフェア対応鶏舎になるとともに、採卵から出荷までの全自動化が完了
2019年(平成31年) 上越店「エッグガーデン」が上越市藤野新田1174番1ラファエルガーデン1Fに移転

最新情報はFacebookにて発信中


ページトップに戻る